Ichiyou Haga

第43回展 授賞作品
内閣総理大臣賞

第43回展は、2016年10月30日から11月6日まで東京都美術館(上野公園)で開催されました。 優秀作品に対して、「MAF賞」(相澤久徳)、「内閣総理大臣賞」、「文部科学大臣賞」、「経済産業大臣賞」、「厚生労働大臣賞」「地方創生大臣賞」(松崎幸司)、「クールジャパン賞」(6次元アニメーション)、特別デザイン賞(文化服装学院の生徒3名)などが賞与されました。 授賞作品の一部を掲載します。

◆内閣総理大臣賞
天津 憂
制作協力:㈱ 212、㈱ コラボ総研、㈱ ケイズデザインラボ、㈱ イグアス
3Dモデリングツールを使用した花嫁の華燭を演出する「ヘッドドレス」作品。
3つの異なったデザインパーツから構成される作品は、単一でも複数(2枚・3枚組み)でも使用でき、ジョイント方法にも工夫が凝らされていて好みに合わせて演出できる様に設計されている。

経済産業大臣賞(2社)

◆㈱デジタルファッション、㈱212
 鉛筆、はさみ、定規等のツールを一切使わず、衣服イメージを3D-CGでモデリングして切替線やデザイン線を入れて型紙に自動展開し、工業用型紙としてグレーディング、マーング、カッティング、縫製という流れを実現。 デジタル技術でデザインから製品まで一気通貫するシステムとそのドレス作品。

◆エイコム㈱、㈱コンシェルジュ、㈱212
 画像認識搭載のデジタルサイネージ・システムとA.I(人工知能)を連携させ、ファッション・デザイナーのA.Iロボット化に挑戦した作品。 デザイナーとカスタマー(ユーザー、顧客)との直接対話による「新しいカスタマー・コミュニケーション」が生まれ、新世代クリエーションを予感させる。 

外務大臣賞(2社)

◆㈱バロックジャパンリミテッド
 それぞれの服が持つデザイン性とテーマから拡がる360度の世界を堪能できるVRワールド作品。 VR内に置かれた服に近付いてたり回り込んで見たり、コントローラーを使って服を回転させたりすることが可能。
◆倉敷天領デニム、㈱ MK Lab
 世界で話題のファッションアイテムとなっているデジタル機器VAPEのラベルとデニムケース。 和紙ラベルに花札をモチーフにしたデザインと綿花選定からこだわった岡山デニムによる世界唯一のデニムケースとのコラボ作品。

文部科学大臣賞(1団体と1社)

◆リエ・グラス
松本梨江・教野寿枝・吉田清美・田中真貴子衣笠明子・前田重美・藤田征子・鬼武和子
独自開発のアクリル板にグラスリッツェン技法で描いたグループ出品作。
◆緋咲レイラ/太田昌宏
協力:総合学園 ヒューマンアカデミー、歌舞伎町プロレス

厚生労働大臣賞(個人とグループ)

◆木戸文右衛門(90歳)
磁器
◆金田香澄・杉山ルツ子・堀越葵
協力:㈱テレノイド計画、学校法人服部学園

PAGE TOP