Anime Talk

10月10日(水)
18:30~19:00

詳細は、後日お知らせします。

50年前の1968年。
創刊された「少年ジャンプ」編集部に配属された後藤。
TV放映の始まったアニメ「巨人の星」で星飛雄馬役を演じた古谷。
後藤はのちにジャンプ黄金期の編集長となり、古谷はいまも人気声優として活躍する。
漫画史・アニメ史に巨大な足跡を残す二人の、初公開対談。

「少年ジャンプ」第4代編集長 後藤広喜

1945年山形県生まれ。
東京教育大学(現筑波大学)卒。
1970年に集英社に入社。
「週刊少年ジャンプ」編集部へ配属。
1986年から1993年まで同誌編集長を務め、生え抜き編集長第一号となった。
集英社取締役、創美社(現・集英社クリエイティブ)代表取締役等を歴任。

声優 古谷 徹

1953年生まれ。声優、俳優、ナレーター。
代表作に『巨人の星』(星飛雄馬役)、『機動戦士ガンダム』(アムロ・レイ役)、『ドラゴンボール』(ヤムチャ役)、『聖闘士星矢』(ペガサス星矢役)、『美少女戦士セーラームーン』(地場衛 / タキシード仮面役)、『機動戦士ガンダム00』(リボンズ・アルマーク、ナレーション役)、『名探偵コナン』(安室透役)、『ONE PIECE』(サボ役)等。
自動車番組『カーグラフィックTV』の2代目ナレーターを1986年から務め、更に報道番組『クローズアップ現代+』のナレーターを2016年4月から務めている。

PAGE TOP